ミサワホーム 耐震性

ミサワホームの耐震性を調べました

最近は未曾有の大地震が頻繁に起こるようになってしまいましたが、

 

 

木質系と鉄骨系の住宅を扱うミサワホームが、どのような耐震性能を装備しているか調べました。

 

 

 

木質系
壁や1階と2階の床、屋根等を木質のパネルにして、パネル同士を特別な接着剤や釘や接合金物で強固に面で接合し、

 

6面体を形成する「木質パネル接着工法」を採用しています。

 

この構造ですと地震の揺れの力が構造の一点に集中することなく、建物全体に分散されバランスよく受け止めることができます。

 

この構造に加えてミサワホームは制振装置「MGEO(エムジオ)」を提案しています。

 

エムジオは木質・鉄骨・リフォーム用(木造軸組住宅)等あります。

 

高減衰ゴム等を制震ダンパーに取り付けて、壁の内側にセットします。

 

地震の震動エネルギーを熱に変換し、衝撃を最大で1/2に軽減することができますし、繰り返し地震にも耐えることができました。

 

 

 

鉄骨系

 

鉄骨の柱と梁を剛接合した鉄骨ラーメン構造と、ルームサイズの箱に外壁やサッシ等住宅設備を取り付けて、建築現場で組み立てるユニット工法を合わせたハイブリッド住宅を採用しています。

 

高層ビルにも使われている耐震構造を住宅用に開発し、地震が起きた際は地震エネルギーを吸収します。

 

また、ハイブリッド住宅の強い構造に、独自の制震装置「MGEO-H(エムジオ-ハイブリッド)」もあります。

 

「MGEO-H」は従来の耐震構造と比べて、建物の変位置や振動が収束するまでの時間が最大で1/2に減らすことができましたし、

 

大地震や、大地震クラスの余震に対しても建物に損傷を与えることはありませんでした。

 

このように木質系・鉄骨系それぞれ地震に強く、その上で制震装置を開発しているミサワホームは地震に強いということが言えます。

 

 

 

ミサワホーム 坪単価|値引き交渉方法のTOPページ

<スポンサードリンク>