セキスイハイム ミサワホーム 比較

セキスイハイムとミサワホームを比較しました

最近「ZEH」という言葉をよく目にしたり、耳にするようになりました。

 

 

 

ZEH(ゼッチ、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは年間の消費エネルギーより住宅で創ったエネルギーの方が多い、もしくはゼロになる住宅のことです。

 

 

 

住宅の断熱性能や・省エネ性能を上げることや、太陽光発電で創ったエネルギーがメインになっています。

 

 

 

政府目標として住宅においては2020年までにZEHを標準的な住宅にし、2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指す、と掲げています。

 

 

 

また、ZEHには補助金が交付されますので、これから住宅を購入する方は検討してみてはいかがでしょう。

 

 

 

というわけで今回はセキスイハイムとミサワホームの、ZEHに対する比較をしてみました。

 

 

セキスイハイム

 

断熱・省エネ・創エネの3つを掲げています。

 

・断熱
断熱性能を向上してエネルギーロスを最小限にします。

 

・省エネ
住宅で消費する電力量を減らすために、HEMS(ヘムズ)や省エネ性能の高い家電や、照明を取り付けます。

 

・創エネと畜エネ
住宅で消費するよりも多くのエネルギーを創るために太陽光発電でたっぷり創り発電し、蓄電しておくことで、必要なときに必要な分だけ使うことができます。

 

 

 

ミサワホーム

 

ミサワホームも断熱・省エネ・創エネを掲げていて、基本的にはセキスイハイムと同じですが、断熱材に力を入れていて高性能グラスウールや、高断熱サッシを標準で使用しています。

 

 

このため、省エネアイテムの家電や照明、創エネの太陽光発電システム等少し追加変更するだけで、ZEH対応になるとのことです。

page top