ミサワホーム 他社 比較

ミサワホームと他社を比較記事一覧

木造の住友林業と、木造も鉄骨造も扱っているミサワホームの、主婦層向けの商品の比較をしてみました。住友林業住友林業では、主婦向けの商品として「mamato(ママト)」と「konoka(コノカ)」があります。坪単価はママトが45万円台から、コノカは70万円からとなっております。ママトは20代や30代の子育て世帯用の商品で、住友林業の育児経験のある女性社員が開発した、主婦や子供目線で造られています。家事...

何かと比較されがちな、積水ハウスとミサワホームの大きな特徴を比較してみました。積水ハウス坪単価は50万〜80万円になります。戸建からマンション販売、リフォーム等住宅関連を幅広く取り扱っており、中国等の海外を含め、日本国内は全国展開しています。このため知名度は抜群ではないでしょうか。戸建に関しては軽量・重量の鉄骨構造や木造を扱っていますが、鉄骨のシェアが大きく、また木造・鉄骨合わせて21種類もの商品...

最近「ZEH」という言葉をよく目にしたり、耳にするようになりました。ZEH(ゼッチ、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは年間の消費エネルギーより住宅で創ったエネルギーの方が多い、もしくはゼロになる住宅のことです。住宅の断熱性能や・省エネ性能を上げることや、太陽光発電で創ったエネルギーがメインになっています。政府目標として住宅においては2020年までにZEHを標準的な住宅にし、2030年までに新築...

大和ハウスとミサワホームの耐震性能を比較してみました。大和ハウス重量・軽量鉄骨、木質系を扱う大和ハウスの耐震性能は「xevo(ジーヴォ)」シリーズになります。・「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」外張り断熱通気外壁と持続型耐震、2.72mの天井高を備えています。外張り断熱なんて耐震性能と関係があるのかと思いますが、壁内の通気をしっかりと行うことで建物の耐久性を保つことになります。通気が悪いと外からの水...

個人的に、なんとなく社名が似ていてわかりづらい両社の、歴史や特徴を比較してみました。三井ホーム1974年(昭和49年)、三井不動産の住宅事業を継承し三井ホームは設立されました。1976年(昭和51年)には耐震実験をしたり、また日本ツーバイフォー建築協会を設立しています。1980年(昭和55年)には業界で初めてインテリアコーディネーター制度を発足、1989年(平成元年)に木造では世界初免震住宅の開発...

一条工務店とミサワホームの断熱性能を比較してみました。一条工務店高断熱高気密・耐震性能が売りで、あまり大々的な広告宣伝をしていないにも関わらず、口コミで人気のある一条工務店です。2011年「i-smart(アイ-スマート)」を販売開始し、それまでデザインが純和風な商品が多かったのですが、このi-smartはデザインがシンプルでスタイリッシュ、それでいて坪単価は50万円台と抑えられています。また業界...

<スポンサードリンク>




page top