住宅ローン 頭金

住宅ローンで頭金を少なくするメリット

多くの人々にとって一生住める住宅を持つことは生涯の夢だといわれていますが、住宅は高い買い物なので、一括で支払えるという人はそう多くはありません。

 

 

一般的に新築住宅を購入する際には住宅ローンを組むのが普通ですが、住宅ローンを組む際に総金額の一部を頭金として支払うのが常識とされています。

 

 

しかし最近では住宅ローンの頭金をなるべく少なくする傾向にあり、頭金を少なくすることによって発生するメリットに注目されています。

 

 

一般的に頭金を支払うのはローンの割合を少なくしローンの返済額を少なくする目的がありますが、変動金利や住宅ローンの減税などを考慮した場合には、ケースによってはローンの割合を大きくした方が頭金を支払うよりも得をする場合もあり、ケースバイケースでローンの計画を練ることが重要です。

 

 

無理をして貯金を全額下ろして頭金を用意した場合には、万が一失業やケガや病気による休業を余儀なくされた場合、住宅ローンの返済計画が破綻してしまうため、頭金を少なくしてでも貯金に余裕を持たせたほうが結果的に良い場合も多々あります。

 

 

短期的な視野では頭金を多くしたほうが総合的な住宅購入の費用は少なくなりますが、長期的な視野を考慮した場合、頭金を少なくしローンの割合を大きくしたほうが、万が一の事態が起こっても貯蓄を切り崩しながら余裕を持って返済を続けていくことが可能となります。

 

 

また資金や貯金のない方が頭金を用意する場合には、月々の貯蓄とは別にお金を貯めないといけないため、特に借家住まいの方の場合には、頭金を貯金している間に更に賃貸料も支払わなければいけないため、頭金を用意するよりは住宅ローンですばやく住宅購入をしたほうが得をするケースもあります。

 

 

住宅購入にはタイミングや時期などが重要となるため、お金を用意している間にそのタイミングを逃してしまっては元も子もありません。

 

 

自身の経済状況と貯蓄を把握して頭金とローンの割合を計算していくことが、住宅購入で得をするために大切な心構えです。

 

 

そして、住宅ローンはいろんな銀行を比較した方が、損をしないですみますよ!

 

 

30年間も返すので、1%の違いでも大きく変わってきますので。

 

 

ミサワホーム 坪単価|値引き交渉方法のTOPページ

<スポンサードリンク>




page top